何がお得?太陽光発電の自家消費のメリット


太陽光発電を設置するメリット

太陽光発電は、再生可能エネルギーの太陽光を使って発電する方法です。発電時に二酸化炭素や騒音、振動などが発生せず、規模を問わず発電効率が一定のため小規模でも設置することができます。蓄電池を利用すれば非常用電源にもなる上、自宅などに設置することができることから送電コストなども必要なくなります。
そんな太陽光発電は、広い場所に設置する大規模なものから住宅用のものまで様々なものがあります。近年では、売電を目的にする設置ではなく自家消費することを目的に設置するという家庭も増えてきています。
家庭用に設置することによって、電気代を節約することができるようになる、余剰分の電力は売れるというメリットがあります。

自宅に太陽光発電を設置するには

自宅に家庭用太陽光発電を設置することで、いろいろなメリットを得られますが、注意点もあるためそれを知ってから設置することが大切です。
太陽光発電を設置するときに、重要なポイントが設置場所です。設置場所によっては発電量が大きく変わってきます。理想としては、太陽光のよく当たる南側の屋根に設置することが良いとされています。または、朝から発電できる東側の屋根もおすすめの場所となっています。
設置する場合には、角度も重要です。30度前後の屋根が理想的で、この角度が太陽光に当たったときに一番効率よく発電できます。
近年では、ソーラーパネルの種類も豊富になっています。そのため、自分の家の屋根にあったパネルを設置するのも大事です。

太陽光発電の価格は太陽光パネルだけではなくパワーコンディショナーといった機器を設置する費用も必要になります。一般的には200万くらいの資金は用意するべきでしょう。